​特定検診・がん検診

特定健診・20代30代一般健診・長寿健診・生活保護一般健診

特定健康診査は、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)など生活習慣病に着目した健診で、 対象の方に腹囲のほか、血糖・脂質・血圧などを測定します。

検査内容は下記の項目になります(自己負担なし)

身長・体重・BMI(体格指数)・腹囲

血圧測定

心電図検査(※長寿検診は医師が必要と認めた場合)

血液検査 (※血液検査では正確の数値を測るために空腹の状態で採血を行います。前日の夜中の9時以降は食事をしないで来院して下さい。また採血が終わるまでは飲み物はお水だけにして下さい。)

・尿酸

・GOT、GPT、γ-GTP

・中性脂肪

・HDLコレステロール

・LDLコレステロール

・血糖

・HbA1c

・血清クレアチニン

・貧血検査(赤血球、血色素量、ヘマトクリット値)(※長寿検診は医師が必要と認めた場合)

尿検査

 ・尿血糖

 ・尿潜血

 ・尿蛋白

以上の項目となります。

検診を受ける患者様へのお願い

①特定健診・20代30代一般健診・長寿健診・生活保護一般健診は予約制となっております。お電話、もしくは直接受付窓口にお声掛けください。

必ず受診券をお持ちください、国保20歳~74歳の方は保険証と一体型となっております。受診券は市が発行してますので受診券の紛失や受診券が届いてない場合はお住いの市に直接問い合わせてください。

③受診券の有効期限を必ず確認してください。間違えて前年度の受診券をお持ちする方がいます。20歳~74歳の国保の方は保険証に有効期限が記載されているので必ずご確認ください。

定期の診察と一緒に受ける事はできません。特定健診・20代30代一般健診・長寿健診・生活保護一般健診の予約した日は健診のみとなりますのでご了承ください。

がん検診(胃がん検診、肺がん検診、大腸がん検診)

日本における死亡原因の1位はがんです、浦添市でもがんは死亡原因1位です。がんの中で胃がん、肺がん、大腸がんは早期発見で多くが治るがんとなります。当医院ではこの3つのがん検診を行います。

胃がん検診(自己負担額1600円)

当医院では胃カメラによる内視鏡検査で胃の中を調べます。検査する時は麻酔がかかった状態で行いますので患者様には負担なく楽に検査ができます。

肺がん検診(自己負担額500円)

肺がん検診はX線での検査となります。胸部レントゲンを撮影し、2人の医師による2重チェックを行います。また人体に影響のない放射線量なので安心して検査がすることができます。

肺がん検診 喀痰細胞診(自己負担額600円)

痰を顕微鏡で調べ、がん細胞がないか調べる検査です。

朝起きてからうがい後に専用の容器に3日続けて痰を取ります。

大腸がん検診(自己負担額700円)

便潜血検査2日法で検査を行います。2日分の大便を検査専用スティックで採取し、便に血液が混ざっていないかを診断します。検査当日を含む3日以内の便で検査をします。

がん検診を受ける患者様へのお願い

①がん検診は予約制となっております。お電話、もしくは直接受付窓口にお声掛けください。

 

②がん検診はお住いの市町村で受けられますので、当医院は浦添市在住の方のみがん検診を受けることができます。

必ず受診券をお持ちください受診券は市が発行してますので受診券の紛失や受診券が届いてない場合はお住いの市に直接問い合わせて下さい。

④受診券の有効期限を必ず確認してください。間違えて前年度の受診券をお持ちする方がいます。必ずご確認ください。

定期の診察と一緒に受ける事はできません。検査当日はがん検診のみとなりますのでご了承ください。

⑥胃カメラの前日の夜中の9時以降は食事をしないで下さい、飲み物は水だけにして下さい

⑦大腸がん検診で便秘などで便が出なく、検便を採取できなかった場合は当医院にご連絡下さい。

⑧検便容器は直接窓口で受け取り、もしくは郵送での受け取りとなっております、郵送の場合は当医院医にご連絡下さい。